同募金って?

「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です。

 1947(昭和22)年、第1回目の共同募金が全国的に展開されました。第1回目の配分は、児童保護や育児事業などに重点がおかれ、民間の社会福祉施設や同胞援護会などの福祉団体や、生活に困っている人たちの支援に生かされました。その背景には、戦禍による打撃がありました。戦前6,700余あった民間の社会福祉施設は、戦災などで3,000余に減少し、施設の運営は物価の高騰などで非常に苦しいものでした。このため、戦前の建物や旧兵舎のバラックなどで間に合わせた施設は、その後どうしても修理や改善が必要になり、共同募金はこれらの施設整備・復旧に大きな役割を果たしました。

 その後50年以上が経過し、共同募金運動は日本の社会福祉ニーズの歴史とともに変化してきました。現在、共同募金は国内の社会福祉の基本法である社会福祉法に規定されていますが、その中で「地域福祉の推進を目的とする募金運動」として位置づけられています。各都道府県内で、地域福祉活動を行うボランティア団体・グループや、社会福祉協議会、社会福祉施設などの支援のために役立てられています。

 毎年10月から12月までの3ヶ月間、都道府県ごとに募金運動が展開され、災害時などの例外を除き、集まった寄付金は各都道府県内で使い途が決められます。具体的には、地域福祉活動を行うための資金ニーズがある団体・グループや社会福祉協議会、社会福祉施設などからの助成申請を受け付け、都道府県内の寄付者代表や有識者の方々によって構成される配分委員会において助成先や助成金額が決められています。

平成28年度 募金総額

 お預かりしました赤い羽根共同募金は、淡路市内で来年度実施の高齢者ふれあいサロンや障がい者自立体験事業、子育て支援事業、地域の見守り活動支援などの地域福祉活動費として大切に活用させていただく予定です。なお、一部は兵庫県共同募金会において大規模災害に備えて積み立てられ、緊急時の被災地支援にも役立てられます。

募金方法 金 額 募金方法 金 額
戸別募金 5,883,883円 法人募金 1,808,586円
(津名地域)  1,608,863円  学校募金 138,909円
(岩屋地域) 820,154円  職域募金(バッジ募金) 306,058円
(北淡地域) 1,244,026円 街頭募金・その他 15,760円
(一宮地域) 1,134,120円 合  計 8,223,629円
(東浦地域) 1,076,720円 (参考)27年度募金総額 8,232,155円



中央共同募金会

社会福祉法人中央共同募金会は、全国47都道府県共同募金会の連合体で、赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。

また、全国的視野により活用される寄付金や、2以上の都道府県で活用される寄付金の受入れおよび調整や、民間助成資金・公益信託などの取り扱いを通じて、民間福祉事業の推進に大きな役割を果たしています。

兵庫県共同募金会

共同募金会は、その区域の住民の意向を反映する代表者を中心として構成し、適切な運営に努め、この運動を実施する団体です。また、共同募金は、その他の寄付金や民間社会福祉財源に関し、総合的な相談窓口機能の充実に努めることが求められます。

私たちが暮らしている淡路市は、兵庫県共同募金会の管轄になります。兵庫県内で集められたお金は県共募に集約され、様々な配分を経て淡路市に還元されます。

はねっと(データベース)

「はねっと」とは、「赤い羽根」と「ネットワーク」を組み合わせた造語です。

赤い羽根をシンボルとしている共同募金運動を通じて、寄付者・市民と助成を受ける受配者など福祉関係者とのネットワークをより綿密にしていくことを目標として本システムを導入することから、「はねっと」を愛称としました。

また、「赤い羽根データベース」を冠することにより、共同募金の統計処理ならびに寄付者の皆様への情報提供システムであることを明確にしています。