共生循環型地域社会づくり 淡路市社会福祉協議会

津名地区お宝発表会で活動の原動力に!(津名)

  • 2022年12月7日
  • 2022年12月7日
  • つな
  • 49view

津名地区お宝発表会で活動の原動力に!

11月23日(水・祝)にしづのおだまき館にて津名地域お宝発表会を開催しました。

小学校区単位、町内会単位、仲間同士のサークルの集まりとさまざまな活動単位での発表があり、来場者は自身の活動単位に合わせて考えることができ、今後の活動のヒントや原動力を得たり、新たな気づきの機会となりました。

 

各グループによる発表

中田がんばる隊

公民館の福祉部会的な位置づけで、町内会、民生委員、老人会、公民館、ボランティアなどの有志で構成しています。

ちょっとした困りごとのお手伝い活動「中田お助け隊」、青色防犯パトロールの実施、コスモス畑・ひまわり畑の鑑賞などを行い、皆が寄り添って安心して住み続けていける地域であるための活動を楽しく続けていきたいです。

大町上カフェ

サロンからコミュニティカフェへ形を変えて、地域の集まりの場を作っています。(大町上公会堂で月1回第3水曜日の粗大ごみの日)

活動のメニューを決めずに、場所を開けて自由に集うことで世話人の負担を減らすようにしています。

また、自由に出入りできるので途中からでも入りやすく、用事があれば帰りやすいところが好評です。

世話人が少ないのが課題ですが、今後も継続していけるよう工夫しているところです。

子育てサークルわびすけ

子ども達が安心して集まれる場づくりとして、自分たちで出来ることを楽しみながら集まっています。(志筑公民館で月1回)

それぞれの得意なことを生かして、誰もが活躍できるチャンスとなる場を目指しています。

アイシングクッキーやハロウィン練り切り、万華鏡づくり、モチモチベーグルを作ったりと、自分たちが楽しいと思うことや、参加しやすい企画を行うようにしています。